Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  ニュース >  熊本県、水俣病認定訴訟で最高裁の差し戻しを受け訴訟継続を断念へ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    熊本県、水俣病認定訴訟で最高裁の差し戻しを受け訴訟継続を断念へ

    熊本県水俣市出身の大阪府豊中市の女性(87歳で死去)が県に水俣病認定を求めた訴訟で、最高裁が原告敗訴とした2審・大阪高裁判決を破棄し、差し戻したことを受け、蒲島郁夫熊本県知事は訴訟継続を断念することを決めた。県が控訴を取り下げ、女性が勝訴した大阪地裁判決が確定した後、県が認定する。蒲島知事が2日午後、臨時記者会見を開き方針を表明した。


    最高裁は4月16日の判決で、複数症状を要件とする現行の水俣病認定基準について「症状の組み合わせがない場合でも認定できる余地がある」と指摘。女性を水俣病と認めなかった大阪高裁の判断に対し、更に審理を尽くすよう求め差し戻した。合わせて審理された水俣市の溝口秋生さんの訴訟については、県側の上告を棄却し、溝口さんの母親(故人)を水俣病と認めた。

    このため県は大阪高裁の差し戻し審も、最高裁判決に沿って判断される可能性が高いとして、訴訟継続を断念した。

    女性は71年に関西に転居後、78年に認定申請し棄却された。行政責任を認め国、県に賠償を命じた04年の水俣病関西訴訟の原告でもあり、司法では「水俣病」と認められたが、県は認定しなかったため07年に提訴。長く入院しており最高裁判決直前の今年3月に亡くなった。

    女性の長女(68)は「認定申請してから40年近くかかったけれど、頑張ってきたかいがあった。(母が)最高裁で判決を聞く直前に亡くなってしまったのが心残りですが、(認定されることで)願いが一つだけでもかなうのはうれしい。たくさんの人にお世話になって、ここまでこれたことに感謝しています」と話した。

    (毎日新聞)

    これにより、ほかにも当てはまる人が出てくるのでは。司法では認められていたのに県が否定していたこの判決は遺族にとって長かっただろうな。
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ 2013/05/02 15:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。