Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  ソフトバンクモバイル/iPhone >  ソフトバンクモバイル、SoftBank 4G LTE対応スマートフォン向けに「ダブルLTE」を開始
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    ソフトバンクモバイル、SoftBank 4G LTE対応スマートフォン向けに「ダブルLTE」を開始

    ソフトバンクモバイルは21日、SoftBank 4G LTE対応スマートフォンにおいて、イー・アクセスが展開する1.7GHz帯のネットワークが利用可能になる「ダブルLTE」を本日よりスタートしたと公表した。ダブルLTEを開始することで、通信の混雑を解消し、LTE通信の速度上昇も見込まれるという。都内で開催されたネットワークに関する説明会で公表された。当初の対応機種は、iPhone 5、iPad mini、iPad Retinaディスプレイモデルに限られ、ネットワークが混み合う都心部から提供していく。


    ダブルLTEに対応することで、いわゆる"パケ詰まり"を緩和する効果が見込める。パケ詰まりとは、スマートフォンのアンテナは立っているものの、基地局が混み合いインターネット接続を試みてもデータが流れこまない状態のこと。

    同社販売のスマートフォンは現状、2.1GHz帯のネットワークを利用してLTE通信が行えるが、これをイー・アクセスが展開する1.7GHzにも対応する。2つの周波数帯を活用し、基地局の混雑状況を共有することで、通信の混雑を緩和し、iPhone 5等における通信速度の向上も見込まれるとしている。

    ダブルLTEが利用可能なのは、すでに1.7GHz帯に対応したアンテナを搭載するiPhone 5、iPad mini、iPad Retinaディスプレイモデルとなる。Andoridスマートフォンについては、今後発売するモデルから対応していく方針だ。

    対応エリアは、都内の混み合う数百箇所がスタート時の対象となり、ことし12月には全国で利用可能にしたい考え。ユーザー側ではOSのアップデートも不要、ダブルLTEに対応することで、バッテリー消費に大きな影響を与えることもないという。

    一方、ダブルLTEを磐石なものにすべく、基地局もさらに増加させる。対応基地局数は2013年総務省公表の基地局免許数が2万1,000局であるのに対し、2014年3月末までに、2.1GHzおよび1.7GHz対応基地局をあわせ約3万8,000局まで急拡大させる方針だ。

    (マイナビニュース)

    iPhoneを改善しても他のアンドロイドスマートフォンも改善されなければ意味がない。ソフトバンクモバイルもいろいろ頑張っていますなー。
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。