Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  ニュース >  福岡市、「屋台条例」の概要が明らかに 違法者には営業できなくする厳格な内容も
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    福岡市、「屋台条例」の概要が明らかに 違法者には営業できなくする厳格な内容も

    福岡市が屋台の営業ルールや悪質業者の処分基準明確化のために制定を目指す「屋台条例」の概要が4日、明らかになった。病気などで営業困難になった現行業者については1回に限り配偶者などへの営業権承継を認める。一方、違反行為で道路使用許可の停止処分を半年以内に2回受けた業者は許可を取り消し、以後、営業できなくする厳格な内容も盛り込んだ。


    関係者によると、現業者の名義貸しの禁止を徹底した上で、病気や死亡などやむを得ず営業できなくなった場合に限り、配偶者か直系血族に1回のみ営業権の承継を認める。廃業者が出た場合は新規業者を公募。市民や学識経験者でつくる市屋台選定委員会が審査し、市長が決定する。市は新規業者の営業状況を3年目に審査し、良好ならば2年延長。営業許可が既得権益化しないよう、以後5年ごとに延長の可否を判断する。

    違反を繰り返す悪質業者に対しては厳しい姿勢で臨む。屋台の規格や衛生管理などに関する関係法令に違反し半年以内に2回警告を受けた業者は道路・公園の使用許可を停止。さらにその後、半年以内に再び停止処分を受ければ使用許可を取り消す。無許可営業の屋台には除去命令を出す。

    営業許可の取り消しは現行の屋台指導要綱にも規定があるが、明確に処分基準を条例に位置づけ実効性を高める狙い。これらの規定を盛り込んだ条例案は6月議会に提出。7月の施行を目指す。

    (西日本新聞)

    福岡の名物となっている屋台、治安や安全を守るためにも決まりを作らないといけませんね。違法者の厳格な内容もあり良くなればいいですね。
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ 2013/03/06 17:30 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。