Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  ニュース >  全国初、信号機を取り外し円形交差点に 環境文化都市のシンボルにも
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    全国初、信号機を取り外し円形交差点に 環境文化都市のシンボルにも

    飯田市が、同市東和町の五差路信号交差点で昨年から進めていたラウンドアバウト型円形交差点への改造工事がほぼ終わり、信号機を撤去し円形交差点として運用を始めた。同様の円形交差点は既に市内にあるが、国際交通安全学会によると、信号機を取り外し円形交差点に改造するのは全国初。


    交差点中央に車が入れない直径13メートルの島を作り、その周囲に時計回りの一方通行の環道(かんどう)を作った。環道への進入は全て左折、環道から出る時も全て左折になる。ラウンドアバウト型は、環道を走る車が優先的に走る仕組み。この交差点では環道に進入する車が一時停止する。5日は信号を撤去し、島の部分を暫定的に赤いコーンとポールで区切った。
     
    円形交差点は、信号がないため、停電の時も車がさばける利点があり、東日本大震災後に再評価された。また、速度抑制による重大事故防止▽五差路、六差路の制御も可能▽無駄な信号待ち時間の解消▽信号機設置・維持管理費削減--などの利点がある。一方、交通量が多いと車をさばけない弱点もある。
     
    市は交差点改造にあたり、逆送防止のため環道への進入路に角度をつける▽一時停止を促すため環道入り口路面に白い破線を描く--などの事故防止策を図った。
     
    プロジェクトリーダーの名古屋大大学院工学研究科の中村英樹教授(交通工学)は「電力に頼らない良いことずくめの方法。最初は戸惑っても2回目からは何の問題なく走れる」と話した。また牧野光朗・飯田市長は「環境文化都市のシンボルになる。飯田から全国に広げていきたい」と話した。

    (毎日新聞)

    くるくる回っていたいような。ただ、迷いそうだなー
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ 2013/02/09 23:50 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。