Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  スポーツ  >  ソフトバンクホークス >  [ホークス情報] 寺原の人的補償で守護神の馬原がオリックス入りか
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    [ホークス情報] 寺原の人的補償で守護神の馬原がオリックス入りか

    オリックスがソフトバンクにFA移籍した寺原隼人投手(29)の人的補償として馬原孝浩投手(31)を獲得することが分かった。


    11日までに方針を固め、ソフトバンク側に伝えたもよう。12日にも両球団から発表される。

    馬原はプロ2年目の2005年途中に先発から抑えに転向し、07年に38セーブで最多セーブのタイトルを獲得。11年までに球団史上最多の180セーブを挙げ、パ・リーグを代表する守護神として活躍した。

    昨季は痛めていた右肩の手術を2月に受けたため、プロ9年目で初の登板なしに終わった。しかし地道なリハビリで順調に回復している。

    実績は十分だけに、オリックスは復活する可能性があると判断したもよう。またFAで獲得した平野の人的補償で、リリーフ左腕の高宮が阪神に移籍することが11日に発表された。これもあって、馬原の獲得を決断したと見られる。

    馬原は昨年12月11日に25%ダウンとなる4500万円減の1億3500万円(金額は推定)で契約を更改した。それでも「順調にいけば手術前よりいいパフォーマンスを出せると思う」と、自信を口にしていた。全盛期のパフォーマンスが出せれば、オリックスにとっては大きな戦力になる。

    一方でソフトバンクにとっては痛手といえる。馬原が開幕前に離脱した昨年はファルケンボーグ、森福、シーズン後に退団した岡島らが代役となって抑えをやりくりしたが、現時点で今季の守護神は決まっていない。

    首脳陣は、新加入の五十嵐を含め、キャンプで抑えを誰に任せるかを見極める意向。経験豊富な馬原が抜けることで、構想の練り直しを迫られそうだ。

    (デイリースポーツ)

    かなりホークスは不利すぎる。なぜ、ホークスは寺原にこだわる必要があったのか。抑えがファルケンボーグでも賄えるのかまだ不安でもあるし、今までの守護神とされた馬原が抜けるのは痛手すぎる。
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。