Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  ソフトバンクモバイル/iPhone >  NTTドコモ、SIMロックフリー端末用「ドコモnanoUIMカード」を11月1日から提供へ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    NTTドコモ、SIMロックフリー端末用「ドコモnanoUIMカード」を11月1日から提供へ

    NTTドコモは、SIMロックフリー端末での利用を想定したNano SIMサイズの「ドコモnanoUIMカード」を11月1日から提供すると発表した。


    現時点でNano SIMを採用したデバイスは、米Appleの「iPhone 5」と「iPad mini」。ドコモではSIMロックを解除したiPhone 5(W-CDMA版)での動作を確認しているが、デバイスに関するサポートは提供しないため、自己責任による利用が前提となる。

    SIMロックフリー版iPhone 5でドコモSIMを使う場合、LTE(Xi)でのパケット通信が利用できないほか、800MHz帯と1.7GHz帯を使用した3G(FOMA)通信も利用できない。またiモードやspモードなどのドコモ端末向けISPサービスも対応していないため、ネット接続する場合は別途moperaなどのISPサービスが必要になる。

    ドコモnanoUIMの発行はドコモショップのみで受け付ける。すでにドコモの回線を契約している場合のカード発行手数料は、12カ月に1回に限り無料。また12カ月以内にサイズ違いのSIMを発行している場合や、新たにドコモと回線契約をする場合は、手数料として3150円が発生する。

    ドコモnanoUIMカードで契約できるプランや制限はなく、XiやFOMAの基本料金とパケット定額プランを自由に選択できる。ただしFOMAでパケット定額サービスを利用する場合、PCなどの外部機器を接続した通信の上限額(8190円)になる。また新規契約の場合、ドコモ端末の購入が伴わないため、各種の割り引きが受けられない点にも注意が必要だ。

    ドコモ広報部ではドコモnanoUIMカードの提供について、「Nano SIMサイズを求めるユーザーからの要望が多かったため」と説明している。また、ドコモnanoUIMカードを採用したスマートフォンやタブレットの発売は、「今のところ予定していない」という。

    (ITmedia Mobile)

    Xiも未対応、ほとんどの電波も使えない状態でもドコモを使いたい人がいるんだろうか。
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。