Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  ニュース >  海上保安庁、尖閣諸島問題で第10管区海上保安本部の増強を検討
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    海上保安庁、尖閣諸島問題で第10管区海上保安本部の増強を検討

    海上保安庁が沖縄県・尖閣諸島をめぐる問題などの対策で、第10管区海上保安本部(鹿児島市)の増強を検討していることが5日、同庁関係者への取材で分かった。


    尖閣諸島周辺の警備を受け持つ第11管区海上保安本部(那覇市)と連携し警備を支援するため、ヘリコプター搭載型大型巡視船の奄美海上保安部(鹿児島県奄美市)への初配備などを視野に、関連経費を2013年度予算の概算要求に盛り込む。

    10管には現在、熊本、鹿児島、宮崎、串木野、奄美の5海上保安部と鹿児島航空基地があり、保安部の下には海上保安署や分室がある。

    海保関係者によると、領土問題に絡み海保の体制を強化するのが政府の方針で「南九州を優先的に増強する方向」。10管で3隻目となるヘリ搭載型大型巡視船を10管で最も尖閣諸島に近い奄美海上保安部に配備することや、同じ奄美大島にある古仁屋海上保安署(鹿児島県瀬戸内町)の「保安部」格上げ、周辺に海上警備の拠点がない種子島への海上保安署新設などが検討されている。

    10管は巡視船艇24隻と航空機6機を保有し11管管内の尖閣諸島警備を度々、応援。8月に香港の活動家らが尖閣諸島に不法上陸した際も巡視船を派遣していた。

    尖閣諸島問題を受け国は、不法上陸などに迅速に対応できるよう海上保安官に離島での逮捕権などを付与する海上保安庁法と外国船舶航行法を今国会で改正した。海上保安庁は、尖閣諸島の警備態勢を強化するため、11管に「那覇海上保安部」を新設する方針。

    (西日本新聞)

    11管の尖閣諸島の警備範囲を強化するため10管からも警備強化が必要か。竹島にはどうするんだ?
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ 2012/09/07 11:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。