Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  ニュース >  九州電力苅田火力発電所新1号機でトラブル 節電要請間で10件ものトラブルが起きたことに
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    九州電力苅田火力発電所新1号機でトラブル 節電要請間で10件ものトラブルが起きたことに

    九州電力は2日、石炭火力の苅田(かりた)発電所新1号機(福岡県苅田(かんだ)町、出力36万キロワット)で発電機のトラブルが発生し、同日午前7時4分に自動停止したと発表した。復旧の見通しは立っていない。原発停止に伴う今夏の節電要請期間(7月2日~9月7日)に起きた九電の発電所トラブルは、発生時に未発表だった2件を含め10件目となった。


    九電は、節電要請期間の最終週となる3~7日の最大電力使用率の見通しを当初予想の88~84%から90~87%に引き上げたが、気温低下で需給は安定しており、「計画停電の予定はない」と説明。事前計画通り、苅田新2号機(37・5万キロワット)を2日に止め、新大分発電所1号系列5軸(大分市、11・5万キロワット)も3日に停止する。

    九電によると、苅田新1号機は、蒸気タービン発電機(29万キロワット)と、石炭を燃やした排ガスでタービンを動かす発電機(7万キロワット)を併設。出力調整のため計18万キロワットで運転していた2日午前7時2分、ガスタービンの発電機で外部への漏電を示す警報が出て、2分後に発電設備全体が自動停止した。「発電機内部でショートなどのトラブルが起きた可能性がある」(発電本部)としている。

    新1号機は、2001年に営業運転を開始。定期点検を終えた6月29日から連続運転中で、8月の稼働率は68・8%と前年度平均(37・5%)より高くなっていた。

    未発表だったトラブル2件は、7月8日の新大分と8月25日の豊前2号機(福岡県豊前市)。3日~10時間で復旧したため発表を控えたという。

    相次ぐトラブルを九電は「発電設備の老朽化と稼働率の高さが原因ではないか」としている。

    (西日本新聞)

    なかなか火力発電は安定しないね。あとは冬の時に計画停電が実施されるか。今のところ暖冬といわれているので大丈夫と思いますが。
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ 2012/09/03 23:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。