Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  ニュース >  2010年12月に福岡空港での韓国機とJALのトラブルの原因について国交省が公表
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    2010年12月に福岡空港での韓国機とJALのトラブルの原因について国交省が公表

    福岡空港で2010年12月に韓国の格安航空会社エアプサンの旅客機が滑走路に誤進入し、着陸直前の日本航空の旅客機が着陸をやり直したトラブルの原因について、国土交通省運輸安全委員会は31日、(1)滑走路手前で待機するよう求めた管制官の指示を、エアプサン機のパイロットが滑走路への進入許可と誤認(2)同機は管制官の指示を誤って復唱したのに、管制官は気付かなかった-と公表した。


    トラブルは、福岡空港で初めての「重大インシデント」(大事故につながりかねない出来事)で、運輸安全委が調査を進めてきた。福岡空港ではその後、管制ミスなどが原因の滑走路誤進入が計3回起きている。

    運輸安全委の調査報告書によると、管制官はエアプサン機に滑走路手前の誘導路の停止線でいったん待機するように英語で指示。「HOLD SHORT OF RUNWAY34」(滑走路34の手前で待機せよ)という言葉だったが、同機パイロットは滑走路への進入許可と誤認した。

    そのため同機は「RUNWAY34」とだけ復唱。「待機指示」を意味する「HOLD SHORT OF」が含まれていなかったにもかかわらず、管制官は復唱内容の確認をしなかった。

    管制官は日航機に着陸許可を出した後、エアプサン機が停止線を越えて滑走路に進入し始めたのに気づき、日航機に着陸のやり直しを指示した。

    運輸安全委は「管制官は、自分が指示した内容と復唱された内容が異なっていたのに、何も疑問を持たずにエアプサン機が滑走路手前で待機すると認識していた」と分析。「管制官が復唱内容を確認していれば、重大インシデントは防げた」と指摘する。

    再発防止策として、エアプサンは管制用語教育などを実施。国交省航空局は12年5月に管制方式基準を改正し、管制官にパイロットからの復唱内容の確認を徹底させる規定を加えた。

    福岡空港では、11年5月にも、管制ミスが原因で重大事故につながりかねない滑走路誤進入が発生。12年7月には、管制官の誤指示で着陸機と離陸機が衝突する恐れのあるトラブルが起きた。

    (西日本新聞)

    福岡空港はかなりミスが多すぎる。滑走路が一本しかないので重大事故となるとかなりの被害が出る。ミスがないように管制官やパイロットと確認を取ってもらいたいね。
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ 2012/09/01 16:00 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。