Seize the day.

九州を中心に観光地やイベントなどを紹介・レビューするサイトのブログ版

Seize the day. TOP  >  スポンサー広告 >  ニュース >  大分県警、最大約10年間誤った交通標識に基づいて交通取り締まり
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    大分県警、最大約10年間誤った交通標識に基づいて交通取り締まり

    誤った交通標識に基づき、大分県警別府署が約10年、同県警豊後大野署が約3年9カ月にわたり、交通取り締まりを続けていたと、県警交通指導課が2日、発表した。三田村英勇・県警交通部長は「ご迷惑をかけた。再発防止に努める」としている。


    発表によると、別府署は別府市道で03年3月〜今年7月、本来は土、日曜と休日を除く平日の午前7時半〜同8時半に進入禁止の歩行者用道路とする旨を記さなければならないのに、日曜・休日以外の午前7時〜同8時半と午後1時〜同3時半を歩行者用道路とする旨の標識を設置。30人に対し通行禁止違反で反則金計約20万円を徴収していた。

    また、豊後大野署は、豊後大野市道で08年11月〜今年7月、公安委員会が承認したのと異なる場所に設置された「止まれ」の標識を無視したとして、13人から一時不停止違反で反則金計約10万円を徴収。交通標識は、県警が県公安委員会に文書を提出して設置されるが、豊後大野市の場合は標識そのものは正しい場所に設置されたが、提出文書の内容に誤りがあったという。

    別府署のケースは、県警交通部の各署取り締まり内容チェックの際に判明。豊後大野署は署員が気付いたという。両署とも、誤って徴収した反則金を返金し、免許点数も原状回復させる。

    (毎日新聞)

    正しい標識を間違えて警察官が検挙したならわかるけど、もともとの標識が間違っていてそれを検挙したとなると違反者もよく標識見てないなと思うんだが・・・。違反者も違反ではありませんでしたってきて驚くよね。
    関連記事
    スポンサーサイト

  • newsing it!
  • 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ニュースブログへ にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
    [ 2012/08/04 23:45 ] ニュース | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL

    プロフィール

    ひろ

    Author:ひろ
    こんにちは、管理者のひろです。

    Twitterをやってます。http://twitter.com/hiro5723です。

    フォローをお願いします!

    ニュースに関して、一言言いたい!と思う人はコメントをどうぞ。みんなで語り合いましょう!

    Yahoo!ブックマークに登録 My Yahoo!に追加
    Twitter
    カウンター
    admax
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:



    アクセスランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。